太陽光無料設置 キュービクルアウトソーシング

太陽光パネルを無料設置できる業者
キュービクルアウトソーシングができる業者をお探しの方

詳細はこちら

高圧受電設備(キュービクル)とは? メリット デメリット 電気を安く利用する

キュービクル

高圧で受電するための機器一式を金属製の外箱に収めた装置のことを「キュービクル式高圧受電設備(略してキュービクル)」と呼びますが、普段の生活ではなかなか耳にすることはないですよね。

そもそも私たちの暮らしに欠かせないインフラの一つである「電気」は発電所で驚くほどの高圧で作られていて、それがいくつかの変電所を経て送られるうちに6,600Vの電気となります。

この6,600V(当然高圧です)の電気が変電所から送電線を経て、電柱にある電力会社所有の柱上変圧器(トランス)で100Vや200Vの電圧に変えられて一般家庭などに供給されます。

そしてビルや工場など一定の規模の施設(※)では自分たちで電柱を立てて、この6,600Vの高圧電気をキュービクル内にある変圧器(トランス)で100V・200Vに変圧して使用しているのです。
※エアコン・照明・動力設備などの設備容量が50kw以上になる施設では、キュービクルの設置義務があります。

キュービクルは、受電容量が50kVA以上4,000kVA以下の小中規模施設の変電設備として利用されていて、キュービクルを所有している施設では電力会社から電気を高圧のまま購入し、その電気をキュービクルによって自分たちで変圧するので、その分安く購入することができるというメリットがあります。
別の言い方ですと、一般家庭では電力会社側で高圧から低圧に変圧されている電気を購入するので、その分コストは割高になるというわけです。

ということで電気をたくさん使う施設にとっては良いことづくめのように思われるキュービクルですが、所有することによって当然デメリットもあります。

✔たくさん電気を使う場合はキュービクルはメリットしかない
✔キュービクルで電気を安く利用することができる

キュービクルのデメリット

大量の電気を使う一定規模の施設ではキュービクル設置の必要があるけれども、その分電気が安く購入できるメリットがあるとお話ししましたが、良いことばかりがある訳でもないのもキュービクルを所有する上で難しいところ。
キュービクルは自家用電気工作物になるため電気事業法により、設置、運用に対して国の手続きが必要になります。
そして保安管理規定を作成し、電気主任技術者を専任するか外部委託承認制度をもって国に届け出ることが義務付けられています。

ではキュービクル所有の際に忘れてはならない「コスト問題」について挙げます。
1つ目はキュービクル設置にはかなりのコストが掛かるということ。
キュービクルを使用している施設の多くではキュービクル本体が自社所有物(資産)のパターンです。
しかし、キュービクル設置にかなりのコスト(建物を新築する際にキュービクル自体と設置工事に規模にもよりますが、初期費用で数百万円~数千万するものまで様々です)を支払っていることは意外と認識されていないようです。

キュービクルの場合は電気を低圧に変圧する以外の役割がないことで、建物や土地などの固定資産のような価値があるとは言い難いところもあります。
時にキュービクルは「経済発展性のない設備」と言われるのも致し方ないことかもしれません…。

問題の2つ目は、保安管理費用がランニングコストとして生じることです。
キュービクルは減価償却の耐用年数が15年で定められていて、部品の更新推奨時期も同じぐらいです。
つまり、いつかは改修しないといけないのですが、修繕の指摘ができるのは電気保安管理の専門家(有資格者)にしかできません。
多くの場合、1か月に1回の頻度で保安管理会社の電気主任技術者が点検に来るパターンです(そして年次点検も実施される)。
この際に発生する「保安管理費用」がキュービクルを所有していると常にかかります。
ひと月あたりだとそれほどの負担に感じない場合もありますが、キュービクルの耐用年数の目安である15年間ですと180回分(180カ月)を支払うことになるので、かなりの経費負担になることに驚かれるかもしれません。

そして3つ目が、キュービクルの修理にも大きな費用がかかることです。
キュービクルは経年劣化を避けることはできない設備ですから当然修理をしなければなりませんが、規模によっては修理費もかなりかかることがわかっています。
保安管理の担当者がキュービクルの点検で修繕が必要と指摘してくれているにも関わらず、見積もった工事費を見て「まだ壊れていないから…」などと勝手に判断して、長年の間キュービクルを放置している現状が実はあります。

もちろん、指摘が入ったからと言ってすぐにキュービクルに不具合や使用ができなくなる訳ではないことも多いのですが、今が大丈夫だからと甘く見てキュービクル修繕を怠ることで、思わぬ事故が発生することもあり得ることを忘れてはいけません。

✔キュービクル設置にはかなりのコストがかかる
✔保安管理費用のランニングコストがかかる
✔キュービクルの修理にも大きな費用が発生する

キュービクルの点検を怠ることによる事故?

保安官管理者が定期的にキュービクル点検を行い、時に修繕箇所等の指摘を行うのですが、わかっていてもまだキュービクル自体が稼働していればそのままやり過ごすというケースが見られます。
しかし、それが後々自分たちの首を絞めるような事態に発展することがあるということを忘れてはいけません。
皆様は「波及事故」という言葉を聞いたことはありますか?
波及事故とは、高圧受電設備などで起きた事故が原因で、電力会社の配電線に接続されている住宅、ビル・工場・病院・銀行・交通機関・交通信号システムなど、さまざまな範囲に停電が広がる事故を言います。
雷などの自然災害でも波及事故が起こることも当然あるのですが、キュービクル改修を怠ったことにより起こった波及事故はそもそも防ぐことが可能な事故でもあるのです。
そしてさらに大変なのは、波及事故が起こると自社含め付近一帯の電気を止めてしまうことになり、損害賠償が発生するケースがあるのです。

✔多大な損害賠償請求が発生するケースは覚えておく必要がある

そう、こうなってしまうと「自分事」のレベルを超えてしまうので、キュービクルの所有には一層の責任を持たなければならないでしょう。
もちろん、保安管理会社からの指摘事項をきちんと守ってキュービクルメンテナンス(改修など)を実行していれば波及事故は特に恐れることはないのですが、実際の経営活動の中でキュービクルのことばかりを気にしていないといけないのも本末転倒なことですよね。
電気はキュービクルでしか供給できないから仕方ないけれど、できれば管理からは解放されたい…そう思われる経営者の方々も多いのではないでしょうか。
当社では、そういったお悩みに対応すべく、業界初のキュービクルのアウトソーシング(※)をご提案しています。
「キュービクルのアウトソーシング」って?…これもまた聞きなれない言葉ですよね。

(※㈱総合電商の特許出願済みの「高圧受電設備アウトソーシング」を指します。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました