太陽光無料設置 キュービクルアウトソーシング

太陽光パネルを無料設置できる業者
キュービクルアウトソーシングができる業者をお探しの方

詳細はこちら

太陽光発電を行うと本当にオトクなの? メリットは?

太陽光

太陽光発電をしている家ってメリットがあるのでしょうか?
太陽光発電を今からしても遅くないのでしょうか?基本的にメリットのほうが多いのでしょうか?

そのあたり不安に感じる人も多いと思います。

太陽光発電のメリット

✔光熱費の削減ができる
✔余った電気を売ることができる
✔自立発電が可能
✔太陽光設置の断熱効果
✔災害時の予備電源として利用

一般的にこれらがメリットだと言われております。基本的にメリットが多いと言われているので、太陽光を設置している人はここ最近非常に増えているのです。

それではどれくらいの効果があるのか?というところを見ていきましょう。

光熱費の削減ができる

太陽光パネルを設置すると、光熱費の削減ができるということは聞いたことある人も多いのではないでしょうか。

毎月の光熱費ってかなりかかりますよね。それが削減できるのであれば、つけてみようかなぁ?なんて思う人も多いのではないかと思います。
それではどれくらいの光熱費の削減ができるのでしょうか?

一般的な家庭での電気代は10,000円程度です。

それが太陽光の売電で、10,000円程度の収入があれば、光熱費が削減されるということになります。

✔売電価格が電気代を上回っていれば、光熱費の削減が可能

ただしそれだけではありません。ここに太陽光の本体の料金が乗ってくるのです。

単純計算として以下の計算式になるとオトクなのかもしれません。

売電価格+太陽光パネル設置料(10年分割の月割)<電気代

この計算式に当てはめることができれば、基本的には損をしないという計算になります。

電気代は毎月ある程度固定費のように乗っかっています。それが返ってくるということを考えれば太陽光を載せるメリットになるわけです。

余った電気を売ることができる

余った電気を売ることができます。先程も記載したいわゆる売電と呼ばれるものです。売電をすることができればその部分が儲けになるのです。
太陽光を設置すると、自家で消費する分と売電の2つの利用方法があるということを覚えておきましょう。

✔太陽光を自家利用する
✔自家利用できずに余った分は売却

ソーラーを設置するということは、こちらが一番メリットがあることだと思います。
ソーラーを設置する上で誰もがやりたいことは、売電ではないかと思います。

この売電に関しては、様々な会社が参入しており、しのぎを削っている状態です。
売電価格は年々下がっていますが、過去に売電を購入した権利だけを持っている会社が結構あるのです。
そのような会社と契約できれば相当メリットがあると思いませんか?

余った電気を売るという発想はまさにメリットといえるかと思います。

自立発電ができる

自立発電というのは、自分で発電をするということです。
災害などが起きたときに、外からの電気が途切れてしまった場合に、太陽光を用いて自家発電することができるということです。

これがあれば、災害に強い家を築くことが可能となります。災害などにより電力が停止されるとたちまち困ってしまいます。その時に太陽光があれば、少なくとも電気を利用することが可能となります。

✔災害時の電力を担ってくれる

これは本当にメリットがあることだと思いませんか?災害は本当にいつ何時やってくるかわかりません。
地震があったときなど、なかなか電気の復旧が行われないなんてことは普通にあることかと思います。
それが自立発電ができることにより、その心配が減るのです。夜間の電力は止まってしまいますが、太陽が出ている間に電気の必要なことは済ませてしまえば問題ありません。

✔自立発電はまさに太陽光のメリット

電気が来ないということは、普通の生活では考えることができませんが、自立発電ができれば、相当なメリットです。それだけでも相当なメリットであることは否めません。

太陽光設置の断熱効果

太陽光パネルは屋根の上に設置します。そのため屋根の上に当たる直射日光を屋根より上の時点で防いでくれるのです。

夏場の屋根裏って登ったことありますか?相当熱くなるのです。そのときに太陽光パネルがあれば、それを防いでくれるという役割もあります。
それだけでもかなりのメリットではないかと思います。

太陽光パネルを設置するだけで、断熱効果があり、夏場少しでも快適に過ごせるということは、ありがたい副作用です。

✔断熱効果で夏場でも家の中がそこまで熱くはならない

本当にこれはメリットがあると思います。実際に10度程度は温度が変わるのではないかと思います。

これは夏場にはかなりいいと思います。太陽光パネルを設置していることが断熱効果になっているということは結構みんな知らないのです。

屋根の上の直射日光を防ぐことができます。真夏の温度はかなり高温になるため、屋根の大半が日陰になります。屋根の大半が日陰になると、家の中まで遮熱が効果がそのまま持続するわけです。
それだけでも相当なメリットになっていると思います。

災害時の予備電源として利用可能

これも先程お伝えしましたが、災害時の予備電源になります。まさに地震のときなどは、電気が供給されないということは、普通にありえることです。しかも地震というのはいつやってくるかわからないのです。

深度7クラスの地震が近隣で起きたときに、自分の自宅は大丈夫でも近隣が被災した場合には、残念ながら予備電源として活躍してくれるとかなり助かります。

太陽光パネルが大丈夫な間に、あらゆるものを充電しておき、夜に備えるということができます。

✔予備電源の利用はかなりのメリット

実際に被災した人の話を聞いたらわかると思いますが、予備電源を利用して携帯電話の充電などを行えるということは、メリットでしかありません。

最近はコンパクトタイプのバッテリーなども販売されておりますが、やはり太陽光には敵いません。ぜひ安心安全のための設置は検討しておきたいと思います。

災害時の予備電源として利用することができればかなりメリットがあると思いませんか?

太陽光パネルは環境に優しい

太陽光パネルが設置されていることは環境に優しいということが挙げられます。
太陽光パネルが設置されているということは、電気の購入が減るということです。いわゆる自然エネルギーを利用しているということになります。

自然エネルギーを利用しているということは、当然ながら環境にはかなり優しいと思いませんか?

環境に優しい太陽光パネルを設置するということは、それだけでもメリットになると思いませんか?

✔環境に優しいということで設置する人が増えた
✔自宅でできる最大の環境への還元

太陽光という自然エネルギーを電気エネルギーにかえるということは、かなりいいことですよね。まさに地球に優しいと言えるのではないかと思います。

太陽光はメリットのほうが大きい

太陽光パネルを設置することは、メリットのほうが大きいのです。

太陽光パネルを設置するメリットというのは、今お伝えしたことではないかと思います。

太陽光パネルを設置するということは、それだけメリットがあるということです。昨今新築の家であれば、太陽光パネルを設置する家が増えました。
太陽光パネルの価格もそれだけ低価格になってきているということです。
低価格になっているということは、それがメリットなのです。

自然エネルギーを利用して、環境にも優しくまた自宅で利用する電気を利用することができるということだけでも相当なメリットがあるということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました